銀行カードローンとは

銀行カードローンとは

銀行カードローンとは、銀行のグループ会社や系列の金融会社が、個人の信用をもとに無担保でお金を貸す仕組みです。
個人はお金を借りて、返すときには利息をつけて支払うことで、金融会社は利益を得ています。

 

金利のパーセンテージは、他の消費者金融会社や信販会社よりも銀行カードローンのほうが明らかに低いので、キャッシングするときには銀行カードローンのほうを希望する人が多いです。お金は、その人の信用をもとに貸し出されるので、その人がちゃんとお金を返してくれる人かどうか信用を確認することになります。

 

それが審査です。審査に通らなければお金を貸してもらえませんし、何度も何度も断られてかたっぱしから消費者金融会社などに申し込みをすると、余計に個人の信用が落ちて審査が通りにくくなってしまいます。お金を借りる申し込みをするときには、まず一番希望する銀行カードローン会社を1社だけ絞り、そこへきちんと間違いのないように申し込むことが大事です。

 

銀行カードローンは、自動車を買うときのローンや家を建てる時の住宅ローン、教育ローンのように比較的通りやすい目的型ローンとは違って、審査がNGになることも珍しいことではありません。限度額が定められていますが、その範囲内ならいつでも何度でも借りたり返したり出来ますし、返し方にもリボルビング払いなどさまざまな返し方があるのも特徴です。

 

クレジットカードの中にもキャッシングの枠が設けられている場合もありますが、基本的には銀行カードローンとは異なります。