必要書類は?

必要書類は?

銀行カードローンを利用するためには、最初に申し込みを行う必要があります。
この場合、全部といっていいほどの業者は、必要書類の提出を申し込み者に対して求めています。

 

この必要書類が一式揃わない限り申し込みは受理されず、そのあとの手続きに進むことはありません。
それでは、どういった書類を準備しないといけないのでしょうか。

 

まず必要になるのは本人確認書類、身分証明書です。
これは運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかがあるとまず問題ありません。また、銀行カードローンによっては在留カードや特別永住者証明書を本人確認書類として認めているところがあります。

 

なお、本人確認書類、身分証明書はしっかりと用意することができたとしても、記載されている住所が現住所と異なる場合には注意しなくてはいけません。場合によっては申し込みを受け付けてもらえなくなってしまうからです。ただ、この場合には救済措置のようなものを用意している銀行カードローンの業者が少なくありません。

 

住民票の写しを提出すると良かったり、印鑑証明書、公共料金の領収書があると良かったりするのです。しかしながら、発行日から○ヶ月以内のものといった制限が設けられている場合がありますので、利用をしようと思っている銀行カードローンのサイトを確認するなどして、必要書類に関する内容を理解しましょう。

 

また、必要書類としては他に収入証明書類を求めるところがあります。個人の場合は収入証明書類を不要としていても、借り入れの金額が大きい場合や、事業資金としての使用が目的の場合、必要になることが多いです。