銀行カードローンの保証会社とは

銀行カードローンの保証会社とは

銀行カードローンというと、知っている大手の銀行の名前が前面にドンと出ている場合など、なんとなくそこの会社がやっているカードローンなのだろうと思うと安心感がありますよね。

 

でも申し込み条件の中には、所定の保証会社の審査を通る必要がありますよ、というようなことが書いてあります。
銀行カードローン会社とは他に、保証会社からの保証が必要とはどういうことでしょうか。
しかもその保証会社の名前には、よく知っている大手の消費者金融会社の名前が入っている場合も多いです。

 

保証会社というのは、銀行と個人の間に入ってその個人を保証する立場になる会社です。
だから申し込みをした個人が信用に足るかどうかを判断するのは、その保証会社にも審査権利があるわけですね。

 

もし借りた人がお金を返せないということになれば、保証会社が個人の代わりにお金を銀行へ返済して、その分を保証会社が個人へ請求することになります。つまりは銀行に対して代位返済をする立場の会社ということですね。

 

返済が延滞した場合、取り立てはその会社からになりますので、こんな会社からお金を借りた覚えはない、などということにならないよう、保証会社もきちんと確認しておく必要があります。個人の金融情報を記録する個人信用情報の中にも、その保証会社からの借り入れというデータが記載されることになります。

 

自分の個人信用情報を取り寄せて確認したところ、知らない会社からお金を借りたことになっている、などとクレームをつける人がいるようですが、それはほとんどがこうした保証会社であることが多いです。