銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリット

消費者金融会社ではなく銀行カードローンのメリットと言えば、

 

  • まず金利が全体的に低いということ、
  • 貸金業法の規制対象外なので、総量規制対象外であること、
  • 収入証明書の提出などが一定額まで不要であること

などさまざまあります。

 

総量規制というのはその人個人の年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないという法律なのですが、これは1社に限ったことではなくすべての借り入れを総合して年収の3分の1未満にする必要があるためかなり制限がかかります。

 

銀行カードローンはこれの対象外なので、他の借り入れですでに3分の1になっていても、あたらに融資することは可能です。
また、専業主婦や学生のように個人に収入の無い人でも審査さえ通ればカードローンを利用することが出来ます。
その代わり、銀行カードローンは独自の審査基準を持って、お金を貸すか貸さないかを吟味しているわけです。

 

銀行カードローンはメリットが多いために人気の金融機関ではあります。大手消費者金融機関も対抗するために無利息の期間を設けたり、審査を即日にして即日融資するなどのスピードを押し出したりしていますね。ATMを大量に設置したり、いつでもどこでも借りられるようにかなりサービスに力を入れています。それでも最近では銀行カードローン系も即日審査を打ち出しているところもありますから、競争が激化しているようにも見受けられますね。

 

銀行カードローンは、お金を定期的に借りて、期日内にきちんと返してくれる相手を探しています。安定収入があって、月に足りないお金を適度に借りて、きちんと利息をつけて返してくれる顧客なら審査も問題なくすぐに通るでしょう。

やはり低金利なのが魅力!

最も銀行カードローンの魅力といえることなのですが、これは金利が低いということです。
他のタイプのカードローンより、何%も低金利で融資を受けることが可能となっているのです。

 

金利は低いほど返済総額が安くなりますので、支払いが楽と思える人が多くいます。
また、金利が低いだけではなく、多くの資金の貸付を受けられるというのも大きなメリットといえるでしょう。

 

貸付枠は契約時点で決まりますが、500万円などというように、消費者金融より100万円以上融資の枠を大きくしているところが少なくありません。多くのお金を必要としている人にとって、これはかなりありがたいことではないでしょうか。

 

また、これは心理的な部分に関するメリットになるかもしれませんが、銀行カードローンというと、何故か安心感がないでしょうか。運営しているのが全国的に知名度の高い銀行だと、サラ金、闇金融というようなダークなイメージがなく、利用しやすいと思えるものです。

 

健全な運営をしているという信頼感がありますので、違法な取り立てなど、恐い思いをしなくても良いというのも良いでしょう。なお、今は所得の3分の1以上の融資は受けられませんが、銀行カードローンはこの制限を受けることなくお金を借りることが可能となっています。