収入証明書類の入手方法は?費用は?

収入証明書類の入手方法は?費用は?

収入証明書類の提出を銀行カードローンの運営サイドに求められた場合、人によっては書類を取得しに行かなくてはいけなくなります。どこに収入証明書類があるのか、また費用がいくらかかるのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

 

まず、自営業者以外の人は、役所に行くことにより収入証明書類を手に入れることが可能となっています。
住民税の納税証明書が収入証明書類として使用されることが多いため、これを役所に発行してもらいましょう。
なお、手数料という名目により数百円のお金がかかりますので、この点には注意しましょう。

 

また、役所に行く必要がないケースとしては、源泉徴収票があります。

 

これは勤務先から貰える書類ですが、収入証明書類として使用可能なのです。毎年貰っている人なら分かるでしょうが、源泉徴収票を入手するための費用はかかりません。それから、事業を行っている人の場合、収入証明書類が異なります。

 

確定申告書の控えであったり、納税証明書が必要になりますが、納税証明書の場合は数百円の手数料が発生するという点に気を付けましょう。収入証明書類の入手方法や費用に関しては概ね以上の通りとなりますが、なるべく余裕を持って準備しておきたいところです。

 

特にすぐにお金を借りたい人は、収入証明書類の用意に手間取ることになると、それだけ申し込みが完了するのが遅くなり、結果として融資までに要する時間が長引いてしまうからです。申し込みの前日には必要書類が一式揃っている状態にしておくのがベストといえるでしょう。