リボルビング方式について

リボルビング方式について

銀行カードローンの返済にはいろいろな返済方法があります。例えば分割払いが一般的ですが、これにはこれで落とし穴があります。というのも、分割払いの計算をする時に、最初の元金に乗ってくる利息をそのまま元金にプラスして回数で均等割するわけですから、金利の分が多くなってしまいます。

 

借金を返すたびに、次は残った分の借金を元金として再計算するので計算方法が非常に面倒くさくなり、手間もかかるので最近ではあまり見かけられない方式になりました。それに変わって登場してきたのが、リボルビング払いです。

 

今はこのリボルビング払いが銀行カードローンの主流の返済方法になりつつあります。
こちらは借金を返した分がちゃんと反映されて、減った元金を元に利息が計算されるので損をすることがありません。
返せば返すだけ元金が減って利息も少なくなってきますので、理に適った返済方法になっています。

 

リボルビング払いにも方式がまた分かれていて、定率リボルビング方式、定額リボルビング方式、残高スライドリボルビング方式があり、その中では残高スライドリボルビング方式が主流です。返済額が毎月定額に決められていて、しかも借り入れ金額が減ればまた限度内で借りたり返したりすることが出来る多様性が人気になっている理由です。

 

リボルビング払いでは毎月決まった返済日が決められていて、これを約定日と呼びます。
約定日に至る前に自分で繰り上げ返済出来る場合は積極的に返すことも大切です。

 

借金の元金を早く減らすことが、利息を余計に生まないための鉄則です。