銀行カードローンの審査

銀行カードローンの審査

銀行カードローンの審査は、昔はとても厳しくて結果が出るまでに期間が長くかかったり、銀行口座がないと審査に通りにくかったり、相応の定収入がなければいけないなどといったさまざまな厳しい話も聞かれましたが、

 

最近ではカードローンのノウハウもたまり、元大手の消費者金融会社がグループ傘下になったことなどから、他の消費者金融会社とあまり変わらない審査スピードや内容になってきています。

 

それどころか消費者金融会社が審査に通していない専業主婦などでもOKとする銀行カードローンなども出てきていますので、かなり柔軟な審査内容に変わって来ていることがわかります。

 

銀行カードローンに限りませんが、カードローン会社は申し込みがあった人の個人信用情報を専門機関へ問い合わせて、その人が他からお金を借りている状況やクレジットカードの利用状況など、今までのお金に関する信用情報をすべて照会します。

 

そこで問題がなければ次の審査へ移りますが、例えばすでに大金を借りている状況だったり、お金を3ヶ月以上返せなかったことがあるなどマイナスな情報が確認出来ると審査はそこでNGとなります。

 

情報に問題がなければ本人に電話確認や仕事先への電話確認などが行われて、収入証明書などの必要書類がある場合は送るよう指示が来たりします。利用には限度額が決められますが、それも勤務先や勤続年数、年収、年齢ほかの条件によってっその銀行カードローン内の規定に準じた額が決められます。