審査に通らない人とは

審査に通らない人とは

銀行カードローンは金利も低く利用しやすいメリットの大きな借り入れ先ですが、審査が通らなければどうしようもありません。

 

銀行カードローンの審査は厳しい、遅いなどと言われることもありますが、特に自己破産をしたとか、大きく返済を延滞したこともないのに銀行カードローンの審査に通りにくい人、何度も落ちてしまう人いうのは、いくつかマイナスの条件を持っている可能性があります。

 

まず、一番疑わしいのは、借り入れの総量が多額な人です。

 

銀行カードローンは貸金業法の規制対象外ではありますが、それはイコールたくさん借金している人でも大丈夫という意味ではありません。よく、自分の借金は大した額ではないと間違った認識をしている人が多いです。

 

通常、月の収入の35%を超える返済額を抱えている人は、返済能力を超えていると判断されますので、200,000円の収入に対して70,000円を超える金額が毎月借金の返済で無くなっていくという人は、もうここがギリギリのラインです。

 

どうでしょう、まだ全然平気な金額だと思っている人はいませんか?この認識の違いが問題なのです。

 

また、借金の額がそこまで行っていなくても、何社からも借金している人は通りにくくなります。
3件以上の借り入れがあると審査は通さないというところもあります。それは、いずれ債務超過に陥る確率が高いということと、1社の返済に他の会社から借りたお金をあてていることが予測されるからです。

 

ここにも盲点があって、まったく使う気もないのにカードローンを持っていると、1社契約状態と認識されます。
使わないカードローンはしっかり解約しないと、忘れていた契約に足を引っ張られる場合もありますよ。