収入証明書類とは?

収入証明書類とは?

銀行カードローンの申し込み時には、必要書類を提出しなくてはいけません。そしてこの必要書類として、収入証明書類が含まれていることがあります。まず、どういう場合にこの収入証明書類が求められるのでしょうか。

 

これに関しては、借り入れの金額が○万円以上の場合、融資を受けた資金の使用目的が事業資金である場合などが挙げられます。
当然、用意するよう求められた場合に提出しないということになれば、お金を貸してもらうことはできません。

 

なお、この収入証明書類とは、実は正式な呼称ではないのです。そのため、何がこの収入証明書類に該当するのか、準備しなくてはいけない段階になってから分からず焦る人が少なくありません。事前に収入証明書類の種類を把握し、いざ借りるという段階になって混乱することがないようにしたいところです。

 

収入証明書類としては、勤め人の場合には源泉徴収票があると良いでしょう。

 

自営業者などに関しては、確定申告書の控えが収入証明書類として通用しますし、申告所得税の納税証明書でも大丈夫です。また、自営業者などの場合には住民税関連の証明書、たとえば課税証明書や非課税証明書、納税証明書が収入証明書類として認められます。

 

なお、収入証明書類は前年度分というように、期間が定められていることが多いため、新しい書類を用意しなくてはいけないと捉えておきましょう。また、銀行カードローンの業者によっては、収入証明書類の用意が困難な場合、給与明細書などの提出でも良しとしているケースがあります。