銀行カードローンと総量規制

銀行カードローンと総量規制

借金に関する言葉は色々ありますが、総量規制は記憶に新しいところではないでしょうか。
この総量規制は、2010年にスタートした貸金業法によるシステムのことをいいます。

 

総量規制によりどのようなことが起こったのかといいますと、一人一人が借金できる金額に制限が設けられることとなったのです。具体的にいうと、所得の3分の1以上の借り入れは認められませんということになったわけです。

 

単純に計算して、所得が300万円の人は100万円以上の融資は受けられませんし、借金総額の規制のため、1回あたり所得の3分の1ということではなく、2回目、3回目も借金総額が所得の3分の1以上になるような借り入れは不可能なのです。

 

多くのお金を必要としている人にとって嫌な制度といえますし、元々の所得が少ない人だと、安定収入があったとしてもあまり大した金額を借りられないという不便さがあります。ただ、この総量規制には、例外というものがあるのです。

 

意外と知られていないことなのですが、これは抜け道というわけではなく、堂々と総量規制の対象外だからと胸を張って借りる方法があります。それが銀行カードローンというわけなのです。消費者金融系や信販系のカードローンに関しては総量規制の対象になっていますが、銀行が運営しているカードローンは総量規制の対象外なのです。

 

銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法で取り締まられていますので、対象にならないというわけです。所得の3分の1以上という枠を超えて資金調達を行いたいと思っている人は、銀行カードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。